読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海蓮航海日誌

デュエマ関係とか、適当な雑記など。

3月26日(日) 第5回庄内CS

予選

参加人数:104名

対戦形式:スイスドロー1本先取(オポーネント参照自動マッチング)

制限時間:15分

 

使用デッキ:ジョーカーズt蒼ハヤブサ

 

ヤッタレマン×4

パーリ騎士×4

洗脳センノー×3

バイナラドア×4

ジョリー・ザ・ジョニー×4

ジョジョジョ・ジョーカーズ×4

タイム・ストップン×4

破界秘伝ナッシング・ゼロ×3

ゼロの裏技ニヤリー・ゲット×4

戦慄のプレリュード×4

「修羅」の頂 VAN・ベートーベン×1

光牙忍ハヤブサマル×1

 

「感想」

「せっかく新弾使えるなら、初見殺しもかねてジョーカーズ使おう」

という考えから、特に深く考えずに組み上げてしまったデッキです。

トリガー2種を欲張り、さらにジョリーによる特殊勝利に集中してしまった結果、ツタンカーネンなどの採用を見送る結果となってしまい、そこが原因で全く動けない、という可能性を秘めたデッキとなってしまい、ローマは1日にしてならず。デッキビルドもまた然り。と痛感させられる結果となってしまいました。

 

大会9時間前、プチョとⅫが死ぬほど厳しいと知人に相談したところ、「プレリュード入るならマナ伸ばすのに集中してプレリュードVANしたら?」との意見をもらったので、最強の地雷札として採用。この環境、VAN作用しないデッキの方が少ないですし、天才の発想かと思いました。今後のジョーカーズの発展の仕方にもよりますが、中速コントロールみたいに組めるならありかなー、というのが雑感です。時代を先取りしすぎた。

 

「試合内容」

 

1戦目:赤緑モルト王 〇

後攻。2ターン目ヤッタレ、3ターン目センノー4ターン目プレリュード→ジョリー召喚、ジョリー攻撃ナッシングゼロで5枚ブレイク、トリガーなしのジョーカーズ武装達成で特殊勝利。

 

2戦目:赤黒ドルマゲドン 〇

後攻。2ターン目、友愛でドルハカバを落とさる。こちらはトップのジョジョジョ・ジョーカーズでパーリ騎士を回収。

3ターン目、相手はマナチャージで終了。こちらはパーリ騎士を召喚。ジョジョジョ・ジョーカーズをマナに。タイガニトロを出されてもマナ武装が達成されないので、ニヤリーゲットを2枚プレイ。合計5ドロー。

4ターン目、案の定タイガニトロ登場。プレリュードジョニーのM・W・ブレイカーでニトロを処理しつつ2点。S・Tなし。

5ターン目、ドルハカバを墓地から召喚され、ジョニー攻撃時にデッドゾーンで侵略。パーリ騎士を破壊される。返しにヤッタレマン、パーリ騎士、センノーを召喚して終了。

6ターン目、ドルブロを召喚して相手はターンエンド。こちらはジョニーを召喚して攻撃、ナッシングゼロでブレイク数を増やしつつ、M・W・ブレイカーで盤面処理。トリガーがなかったので特殊勝利。

 

 

3戦目:ミラー 〇

メモがない。後攻だったのと、盛大なプレミを犯したのと、トリガー合戦だったことは覚えてる。

S・S・T警戒で1枚残しのプレイって大事だよね。

 

4戦目:オールデリート ×

後攻。開幕からデッキ上16枚呪文とバイナラドア。そら勝てませんわ。

 

5戦目:トリーヴァビマナ 〇

前の試合で完全に心折れたのか、まともなメモがない。

後攻で、横に並べて、ジョリーで詰めに行ったらトリガーでカーネル×2サイバーダイスベガスされてとどめまで行けなくなったので、プチョで積みかと思ったら返し札が相手になくて勝ち。

 

6戦目:オールデリート ×

4戦目のトラウマとかもあって、かなり急いだプレイングだった。この時ほどダンガンオーとカーネンを積まなかったことを後悔したタイミングはありませんでした。

後攻、ヤッタレニヤリーゲットからヤッタレパーリ騎士センノーと動いて、早めに決めに行きたい気持ちが勝ってヤッタレマンにナッシングゼロを打って突撃。テック団の破壊GO!を踏んで全バウンス。返しに裏切り魔狼2回打たれてお通夜。ラスストのコースで来られたから、ハンドにジョリーあったし、バイナラかストップンでワンチャンあったんだけどなぁ。

 

結果:18位(予選落ち)

 

ジョーカーズの今後に期待ですね。